賃貸.net

TOPICS

賃貸で家を借りよう

新しい家を探す際、賃貸にするか家を購入するかを迷う方は多いです。
賃貸はその土地に縛られることなく比較的容易に引っ越しすることができます。隣人トラブルに巻き込まれたりした時も引っ越しやすいですね。地震や火災、台風といった災害時にもそれに伴う資産価値の目減りがないので失うものが最小限におさえられます。また転勤、子供の進学や独立に伴う生活環境の変化に応じての住み替えもしやすくなります。
賃貸マンションでは管理費や修繕積立金の支払いが無く、鍵一本で戸締りができ管理人によりしっかりと管理されていますので小さいお子様がおられる方や高齢の方には安心して生活をおくることができます。
また、子供が大きくなりアパートやマンションでは事足りなくなった場合には一軒家もかりることができます。子供がたくさんいて賑やかな場合や周りを気にすることなく静かに生活されたい方には一軒家がいいですね。アパートの苦情で多い騒音や振動などにも困ることがないのです。
将来的に持家の購入を考えておられる方も今無理してローンを支払うのでは無く、経済的に余裕ができるまでアパートやマンションで生活をし資金を貯め、購入のめどをたてるのも一つの方法です。

LINKS

 

賃貸と購入の違い

家を借りる場合には、賃貸物件を選ぶと良いメリットが多くあります。まずは、自分の月々の収入に合わせた家賃の賃貸物件を選ぶ事が出来るメリットがあります。万が一、住んでいる間に収入が下がったりしても家賃が安価な物件に転居する事で対応する事が出来ます。
次に周辺の環境を考慮して物件選びが出来るメリットもあります。特にお子さんがいるご家庭ですと近隣に一緒に遊ぶ事が出来る公園やレジャー施設があれば子育てし易いメリットがあります。また、通勤や通学がし易い点として近隣に駅やバスターミナル等の公共交通機関があればアクセスが非常に便利となります。
次に仕事の関係で転勤が多い方にとっても賃貸物件はとても便利です。新しい勤務地の近くに転居する事で対応が出来るメリットがあります。
次に家族構成が変わった場合でも対応がし易いメリットがあります。子供の出産や両親との同居、子供の独立といった人生のイベントで同居する人数が変わった場合でも一緒に暮らす人数に合わせた部屋選びをする事が出来ます。
また、部屋の広さや間取り、インテリアにこだわりをもって物件を選べるメリットもあります。
以上、様々なメリットがありますので参考にして頂けると良いです。